新公益法人手続センターにお任せ下さい。

新公益法人サイトマップ

新公益法人手続センターにお任せ下さい。

TOP > 一般社団法人の設立の要件

新公益法人の基本情報

トップページ 新公益法人制度とは? 公益法人認定の要件 公益認定18の基準 公益目的事業とは? 公益認定を受けるメリット 移行認定の流れ 新公益法人制度Q&A 移行認定手続サービス 移行認可手続サービス お問い合わせ/お申し込み

一般社団法人の基本情報

一般社団法人とは? 一般社団法人設立の要件 一般社団法人設立の流れ 新公益法人制度Q&A 一般社団法人設立サービス お問い合わせ/お申し込み

一般財団法人の基本情報

一般財団法人とは? 一般財団法人設立の要件 一般財団法人設立の流れ 新公益法人制度Q&A 一般財団法人設立サービス お問い合わせ/お申し込み

新公益法人手続センター
運営者情報

セミナー案内 専門家紹介 サービス一覧 料金表 お問い合わせ・申し込み

公益法人制度改革関連3法

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律 公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律

新公益法人手続センター
サイト運営について

個人情報保護方針 利用規約・免責事項

新公益法人手続センター
リンク

新公益法人手続センターでは 現在相互リンクを募集いたしております↓↓
リンク集

新公益法人手続センター
対応地域


新公益法人手続センターは主に下記地域に対応可能。

北海道, 青森県, 岩手県, 宮城県, 秋田県, 山形県, 福島県, 茨城県, 栃木県, 群馬県, 埼玉県, 千葉県, 東京都, 神奈川県, 新潟県, 富山県, 石川県, 福井県, 山梨県, 長野県, 岐阜県, 静岡県, 愛知県, 三重県, 滋賀県, 京都府, 大阪府, 兵庫県,尼崎,芦屋,神戸,明石,加古川,姫路, 奈良県, 和歌山県, 鳥取県, 島根県, 岡山県, 広島県, 山口県, 徳島県, 香川県, 愛媛県, 高知県, 福岡県, 佐賀県, 長崎県, 熊本県, 大分県, 宮崎県, 鹿児島県, 沖縄県

一般財団法人設立の要件

◆一般社団法人の設立の要件

1. 定款を作成して,公証人の認証を受ける。
2.設立者が財産(価額300万円以上)の拠出の履行を行う。
3. 定款の定めに従って,設立時評議員,設立時理事,設立時監事,会計監査人の選任を行う。
4.設立時理事及び設立時監事が,設立手続の調査を行う。
5.法人を代表すべき者(設立時代表理事)が,法定の期限内に,主たる事務所の所在地を管轄する法務局又は地方法務局に設立の登記の申請を行う。

◆一般社団法人の機関設計について

一般財団法人には,評議員,評議員会,理事,理事会及び監事を必ず置かなくてはいけません。
また,定款の定めによって,会計監査人を置くことができます。

大規模一般財団法人(貸借対照表の負債の合計額が200億円以上の一般財団法人をいいます。)は,会計監査人を置かなければなりません。
よって,一般財団法人の機関設計は下記の2パターンとなります。

1. 評議員+評議員会+理事+理事会+監事
2. 評議員+評議員会+理事+理事会+監事+会計監査人

◆一般社団法人の解散について

一般財団法人は,次の1〜7に該当した場合に解散することとされています。

1. 定款で定めた存続期間の満了したとき。
2. 定款で定めた解散の事由の発生したとき。
3. 法第172条第2項の基本財産の滅失その他の事由による一般財団法人の目的である事業の成功の不能
4. 当該一般財団法人が消滅する合併をしたとき
5. 破産手続開始の決定があったとき
6. 解散命令又は解散の訴えによる解散を命ずる裁判があったとき
7. 純資産額が2期連続して300万円を下回った場合


新公益法人手続お勧め








新公益法人手続センター
サービス一覧


移行認定手続サービス
移行認可手続サービス
一般社団法人設立サービス
一般財団法人設立サービス

新公益法人手続センター

【サイト名】
新公益法人手続センター

【運営】
楊国際法務行政書士事務所
井上聡行政書士事務所
【提携】
長谷川隆史税理士事務所