新公益法人手続センターにお任せ下さい。

新公益法人サイトマップ

新公益法人手続センターにお任せ下さい。

TOP > 一般社団法人設立の要件

新公益法人の基本情報

トップページ 新公益法人制度とは? 公益法人認定の要件 公益認定18の基準 公益目的事業とは? 公益認定を受けるメリット 移行認定の流れ 新公益法人制度Q&A 移行認定手続サービス 移行認可手続サービス お問い合わせ/お申し込み

一般社団法人の基本情報

一般社団法人とは? 一般社団法人設立の要件 一般社団法人設立の流れ 新公益法人制度Q&A 一般社団法人設立サービス お問い合わせ/お申し込み

一般財団法人の基本情報

一般財団法人とは? 一般財団法人設立の要件 一般社団法人設立の流れ 新公益法人制度Q&A 一般財団法人設立サービス お問い合わせ/お申し込み

新公益法人手続センター
運営者情報

セミナー案内 専門家紹介 サービス一覧 料金表 お問い合わせ・申し込み

公益法人制度改革関連3法

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律 公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律

新公益法人手続センター
サイト運営について

個人情報保護方針 利用規約・免責事項

新公益法人手続センター
リンク

新公益法人手続センターでは 現在相互リンクを募集いたしております↓↓
リンク集

新公益法人手続センター
対応地域


新公益法人手続センターは主に下記地域に対応可能。

北海道, 青森県, 岩手県, 宮城県, 秋田県, 山形県, 福島県, 茨城県, 栃木県, 群馬県, 埼玉県, 千葉県, 東京都, 神奈川県, 新潟県, 富山県, 石川県, 福井県, 山梨県, 長野県, 岐阜県, 静岡県, 愛知県, 三重県, 滋賀県, 京都府, 大阪府, 兵庫県,尼崎,芦屋,神戸,明石,加古川,姫路, 奈良県, 和歌山県, 鳥取県, 島根県, 岡山県, 広島県, 山口県, 徳島県, 香川県, 愛媛県, 高知県, 福岡県, 佐賀県, 長崎県, 熊本県, 大分県, 宮崎県, 鹿児島県, 沖縄県

一般社団法人設立の要件

◆一般社団法人設立の要件

一般社団法人は人の集まりに法人格を与えるものですので、2名以上の
人が集まれば一般社団法人を設立できます。しかも目的も「公益」としなく
でなくても設立できます。目的が「私益」でも「共益」でも良いのです。

1.人員について
設立に当たっては,2人以上の社員が必要です。設立後に社員が1人だけに
なっても,その一般社団法人は解散しませんが,社員が欠けた場合
(0人となった場合)には,解散することになります。

2.お金について
一般社団法人の設立には出資の制限がありませんので、拠出金0円でも
設立が可能です。

3.設立手続について
一般社団法人を設立する際の手続の流れは,下記1〜4のとおりです。

なお,1.と2.は設立時社員(法人成立後最初の社員となる者2名以上)が行います。

1. 定款を作成し,公証人の認証を受ける。
2. 設立時理事(設立時監事や設立時会計監査人を置く場合は,これらの者も)の選任を行う。
3. 設立時理事(設立時監事が置かれている場合は,その者も)が,設立手続の調査を行う。
4. 法人を代表すべき者(設立時理事又は設立時代表理事)が,
法定の期限内に,主たる事務所の所在地を管轄する法務局又は地方法務局に設立の登記の申請を行う。


◆一般社団法人の機関設計

一般社団法人には,社員総会のほか,業務執行機関としての理事を少なくとも1人は置かなければなりません。
また,それ以外の機関として,定款の定めによって,理事会,監事又は会計監査人を置くことができます。
理事会を設置する場合と会計監査人を設置する場合には,監事を置かなければなりません。

さらに,大規模一般社団法人(貸借対照表の負債の合計額が200億円以上の一般社団法人をいいます。)
は,会計監査人を置かなければなりません。

よって,一般社団法人の機関設計は次の1〜5までの5パターンとなります。

1. 社員総会+理事
2. 社員総会+理事+監事
3. 社員総会+理事+監事+会計監査人
4. 社員総会+理事+理事会+監事
5. 社員総会+理事+理事会+監事+会計監査人


◆一般社団法人の解散

一般社団法人は,次の1〜7の場合に解散することとなります。

1. 定款で定めた存続期間の満了したとき。
2. 定款で定めた解散の事由が発生したとき。
3. 社員総会の決議
4. 社員が欠けたとき
5. 当該一般社団法人が消滅する合併をしたとき
6. 破産手続開始の決定があったとき
7. 解散命令又は解散の訴えによる解散を命ずる裁判があったとき
なお,長期間変更の登記がされていない,いわゆる休眠一般社団法人
(当該一般社団法人に関する登記が最後にあった日から5年を経過したもの)は,
法人制度の濫用・悪用の弊害を防ぐため,一定の手続の下で解散したとみなされ,
その旨の登記がされることとされています。

新公益法人手続お勧め








新公益法人手続センター
サービス一覧


移行認定手続サービス
移行認可手続サービス
一般社団法人設立サービス
一般財団法人設立サービス

新公益法人手続センター

【サイト名】
新公益法人手続センター

【運営】
楊国際法務行政書士事務所
井上聡行政書士事務所
【提携】
長谷川隆史税理士事務所