新公益法人手続センターにお任せ下さい。

新公益法人サイトマップ

新公益法人手続センターにお任せ下さい。

TOP > 公益認定を受けるメリット・デメリット

新公益法人の基本情報

トップページ 新公益法人制度とは? 公益法人認定の要件 公益認定18の基準 公益目的事業とは? 公益認定を受けるメリット 移行認定の流れ 新公益法人制度Q&A 移行認定手続サービス 移行認可手続サービス お問い合わせ/お申し込み

一般社団法人の基本情報

一般社団法人とは? 一般社団法人設立の要件 一般社団法人設立の流れ 新公益法人制度Q&A 一般社団法人設立サービス お問い合わせ/お申し込み

一般財団法人の基本情報

一般財団法人とは? 一般財団法人設立の要件 一般財団法人設立の流れ 新公益法人制度Q&A 一般財団法人設立サービス お問い合わせ/お申し込み

新公益法人手続センター
運営者情報

セミナー案内 専門家紹介 サービス一覧 料金表 お問い合わせ・申し込み

公益法人制度改革関連3法

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律 公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律

新公益法人手続センター
サイト運営について

個人情報保護方針 利用規約・免責事項

新公益法人手続センター
リンク

新公益法人手続センターでは 現在相互リンクを募集いたしております↓↓
リンク集

新公益法人手続センター
対応地域


新公益法人手続センターは主に下記地域に対応可能。

北海道, 青森県, 岩手県, 宮城県, 秋田県, 山形県, 福島県, 茨城県, 栃木県, 群馬県, 埼玉県, 千葉県, 東京都, 神奈川県, 新潟県, 富山県, 石川県, 福井県, 山梨県, 長野県, 岐阜県, 静岡県, 愛知県, 三重県, 滋賀県, 京都府, 大阪府, 兵庫県,尼崎,芦屋,神戸,明石,加古川,姫路, 奈良県, 和歌山県, 鳥取県, 島根県, 岡山県, 広島県, 山口県, 徳島県, 香川県, 愛媛県, 高知県, 福岡県, 佐賀県, 長崎県, 熊本県, 大分県, 宮崎県, 鹿児島県, 沖縄県

公益認定を受けるメリット

☆公益社団法人、公益財団法人に認定されることのメリット

1.名称上のメリット
2.法人税法上のメリット
3.寄附者へのメリット

1.名称上のメリットについては、比較的簡単に設立できる一般社団法人、 一般財団法人に比べて、やはり認定を受けることにより、 「公益」を名乗ることができることによる信頼性などの点から、メリットが あるといえるでしょう。

2.法人税法上のメリットとして、公益社団法人、公益財団法人について 公益法人認定法上の公益目的事業から除外され非課税となるなどの措置が とられる点でメリットといえるでしょう。

3.寄附者へのメリット

公益社団法人、公益財団法人に認定されることのデメリット

☆公益社団法人、公益財団法人に認定されることのデメリット

1.事業活動に制限がある
2.保有財産に規制がある
3.公益認定を取り消されたときのリスク

1.公益目的事業の実施に要する適正な費用を償う額を超える収入を得ては ならない。また総費用の50%以上を公益目的事業の実施の為に使用しな くてはならない。公益目的事業と収益事業等を区分経理した計算書類、 事業計画、収支予算書等を提出しなくてはいけない。などの制限がある。

2.保有財産について、公益目的事業財産は公益目的事業を行うために使用 する。遊休財産が1年分の公益目的事業費相当額を超えてはいけない。

3.公益認定を取り消された場合、1ヶ月以内に他の類似の目的を持つ法人 などに公益目的取得財産残額を譲渡する旨を定款で定める。
などの規制がある。


以上の観点から、公益社団法人・公益財団法人は行政庁の監督のもと 税制上の優遇を多く受けながら、主に公益目的事業を行う予定の法人 が選択することになるのでしょう。そして、もっと自由な立場で、 非営利の部門で可能な範囲内で公益事業を行っていく法人は、一般社団 法人・一般財団法人を選択することになるでしょう。

新公益法人手続お勧め








新公益法人手続センター
サービス一覧


移行認定手続サービス
移行認可手続サービス
一般社団法人設立サービス
一般財団法人設立サービス

新公益法人手続センター

【サイト名】
新公益法人手続センター

【運営】
楊国際法務行政書士事務所
井上聡行政書士事務所
【提携】
長谷川隆史税理士事務所